サンプルデモ02 複数ソースの組合せ – オリジナルワードプレス プラグイン Markove Rewrite Summarizer デモサイト | マルコフリライトサマライザー | 自動的に文章を要約するツール
今日からネットの文章が著作権フリーに早変わり! ライティング作業が5秒で完了!
今日からネットの文章が著作権フリーに早変わり! ライティング作業が5秒で完了!

サンプルデモ02 複数ソースの組合せ

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
次は応用です。
複数ソースから1つの記事を合成してみましょう。

ランファランファ
はい。お願いします。

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
さきほどもお話しましたが、マルコフリライトサマライザーは要約をして文を短くするので、どうしてもコンテンツが痩せてしまいます。
これはどんなに長文を持ってきても一緒です。必ず決められた行数に縮小されます。

ランファランファ
分かりました! それで複数の記事を合成するわけですね?

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
そうです。類似の複数の文章を合成することで要約しつつボリュームのあるコンテンツを作り出すことができます。
途中、自分のコメントを挟んでもいいですし、関連する記事をどんどん追加してもOKです。
コピーコンテンツペナルティを突破するという意味では、多種雑多な情報ソースをくっつけた方が乱雑性=独自性が出てSEOに強くなるんです。

ランファランファ
なるほどー。それならSEO的に安心ですね。

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
やってみましょう。
サンプルとして以下のような複数のニュース原稿があるとします。

サンプルとして以下のような複数のニュース原稿があるとします。

11月6日、宇宙物理学者のスティーブン・ホーキング博士がポルトガルのリスボンで開催のWeb Summitにテレプレゼンス(高解像度の映像で行われるビデオ会議)で参加し、AI(人工知能)が人類に与える脅威について語った。

「AIは独自の意思を持ち始める可能性がある」とホーキング博士はコンピュータで生成された音声で述べた。「AIは人類にとって最悪、もしくは最良の結果をもたらす可能性がある」

AIやロボットは既に人間から仕事を奪い始めているが、同時に社会を前向きな方向に変える力を秘めているというのが博士の見解だ。ただし、偶然に任せていては良い結果は得られない。AIが人間社会に役立つものにするためには、やらねばならない事が数多くあるとホーキング博士は主張した。

科学者やテクノロジーに関わる人々は、この問題に注意深く対処する必要がある。グーグルやアマゾン、アップルやフェイスブックといった企業は、大きな責任を担っている。

「企業や技術者たちはAI技術を磨き上げ、ビジネス的な成功を追い求める前に、一度立ち止まって人間とテクノロジーとの関係について考えてみる必要がある」と博士は語った。

業界のガイドラインや法の整備も検討すべきだとホーキング博士は述べている。AIについて同様の懸念を持つのは博士だけではない。イーロン・マスクもAIが人間以上の知性を持ちはじめる脅威について警鐘を鳴らしている。

博士は、AIは我々が想像するよりもずっと早く進化を遂げ、数十年後には人間の知性を超える可能性があると述べた。世界中の技術者たちは、この脅威を前に正しい認識を持つべきだというのが彼の主張だ。

「我々は今、新たな時代の入り口に立っている。科学やテクノロジーに関わる人たちは、新たな覚悟を持って仕事にとりかかり、人類全体にとっての幸福を考えていく必要がある」とホーキング博士は述べた。

Forbes Japanより引用

人類は、人工知能を大きく進歩させてきた。無人自動車はもはやSFの世界にとどまらないし、ロボットが膨大な労働力の代わりとなる日は近いかもしれない。コンピューターのワトソンはアメリカのクイズ番組ジェパディ!で優勝してしまった。

確かに、どれもすごいことだ。しかしスティーブン・ホーキング博士は、これを不吉な予兆とも捉えている。

BBCのインタビューに対して、ホーキング博士は次のように語った。「完全な人工知能を開発できたら、それは人類の終焉を意味するかもしれない」

ホーキング博士は「人工知能が自分の意志をもって自立し、そしてさらにこれまでにないような早さで能力を上げ自分自身を設計しなおすこともあり得る。ゆっくりとしか進化できない人間に勝ち目はない。いずれは人工知能に取って代わられるだろう」と語った。

人工知能の進化に人類が歩調を合わせることができる能力を、人工知能が上回ることになる、いわゆる「技術的特異点」についてホーキング博士は既に懸念を表明している。5月、イギリスの新聞「インディペンデント」に掲載された論説で博士は「人工知能の発明は人類史上最大の出来事だった。だが同時に、『最後』の出来事になってしまう可能性もある」と述べている。

こう懸念しているのはホーキング博士だけではない。スペースXおよびテスラモーターズのCEOであるイーロン・マスク氏は、先月「人工知能にはかなり慎重に取り組む必要がある。結果的に悪魔を呼び出していることになるからだ。ペンタグラムと聖水を手にした少年が悪魔に立ち向かう話を皆さんもご存知だろう。彼は必ず悪魔を支配できると思っているが、結局できはしないのだ」と言っている。

しかし、警鐘を鳴らす人ばかりではない。シアトルのアレン人工知能研究所のCEOであるオレン・ エツィオーニ氏は、先日ウェブサイトRedditのAMA(何でも質問に答えるスレッドで「Ask Me Anything」の略)で、「私は人工知能を恐れていませんし、みなさんも恐れる必要はありません」と投稿した。

エツィオーニ氏は、次のようにも説明した。「たとえば100万年後、特異点を迎える可能性はあります。けれど賢いコンピューターが世界制覇するという終末論的構想は『馬鹿げている』としか言いようがありません。私は、この分野で25年以上研究を続けている立場から、人間が進歩し続けても、知能が暴走するようなことはないと申し上げたい。文字を読み、理解できるプログラムはどんどん進化しているが、そのプログラムがどこかに勝手に走り出してしまう危険は全くないだろう」

Huffington Postより引用

上記2つの原稿を適宜要約したものが以下となります。

11月6日、宇宙物理学者のスティーブン・ホーキング博士がポルトガルのリスボンで開催のWeb Summitにテレプレゼンス(高解像度の映像で行われるビデオ会議)で参加し、AI(人工知能)が人類に与える脅威について語った。
AIが人間社会に役立つものにするためには、やらねばならない事が数多くあるとホーキング博士は主張した。科学者やテクノロジーに関わる人は、大きな責任を担っている。
「企業や技術者たちはAI技術を磨き上げ、ビジネス的な成功を追い求める前に、一度立ち止まって人間とテクノロジーとの関係について考えてみる必要がある」と博士は述べている。AIについて同様の懸念を持つのは博士だけではない。
イーロン・マスクもAIが人間以上の知性を持ちはじめる脅威について警鐘を鳴らしている。博士は、AIは我が想像するよりもずっと早く進化を遂げ、数十年後には人間の知性を超える可能性があると述べた。世界中の技術者たちは、この脅威を前に正しい認識を持つべきだというのが彼の主張だ。

BBCのインタビューに対して、ホーキング博士は次のように語った。
人工知能の発明は人類史上最大の出来事だった。だが同時に、「最後」の出来事になってしまう可能性もある」と述べている。

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
このような結果となりました。
かなり自然で、しかも複数のソースを参照しているので内容に深味が出ていますよね?

ランファランファ
はい。全く違和感ないですね(笑)