サンプルデモ03 複数ソースで長文を作る – オリジナルワードプレス プラグイン Markove Rewrite Summarizer デモサイト | マルコフリライトサマライザー | 自動的に文章を要約するツール
今日からネットの文章が著作権フリーに早変わり! ライティング作業が5秒で完了!
今日からネットの文章が著作権フリーに早変わり! ライティング作業が5秒で完了!

サンプルデモ03 複数ソースで長文を作る

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
今度は長文に挑戦してみましょう。
さきほどは2つのソースでしたが、今回は4つに挑戦してみます。
サンプルとして以下のような4つのニュース原稿があるとします。

サンプルとして以下のような複数のニュース原稿があるとします。

11月6日、宇宙物理学者のスティーブン・ホーキング博士がポルトガルのリスボンで開催のWeb Summitにテレプレゼンス(高解像度の映像で行われるビデオ会議)で参加し、AI(人工知能)が人類に与える脅威について語った。

「AIは独自の意思を持ち始める可能性がある」とホーキング博士はコンピュータで生成された音声で述べた。「AIは人類にとって最悪、もしくは最良の結果をもたらす可能性がある」

AIやロボットは既に人間から仕事を奪い始めているが、同時に社会を前向きな方向に変える力を秘めているというのが博士の見解だ。ただし、偶然に任せていては良い結果は得られない。AIが人間社会に役立つものにするためには、やらねばならない事が数多くあるとホーキング博士は主張した。

科学者やテクノロジーに関わる人々は、この問題に注意深く対処する必要がある。グーグルやアマゾン、アップルやフェイスブックといった企業は、大きな責任を担っている。

「企業や技術者たちはAI技術を磨き上げ、ビジネス的な成功を追い求める前に、一度立ち止まって人間とテクノロジーとの関係について考えてみる必要がある」と博士は語った。

業界のガイドラインや法の整備も検討すべきだとホーキング博士は述べている。AIについて同様の懸念を持つのは博士だけではない。イーロン・マスクもAIが人間以上の知性を持ちはじめる脅威について警鐘を鳴らしている。

博士は、AIは我々が想像するよりもずっと早く進化を遂げ、数十年後には人間の知性を超える可能性があると述べた。世界中の技術者たちは、この脅威を前に正しい認識を持つべきだというのが彼の主張だ。

「我々は今、新たな時代の入り口に立っている。科学やテクノロジーに関わる人たちは、新たな覚悟を持って仕事にとりかかり、人類全体にとっての幸福を考えていく必要がある」とホーキング博士は述べた。

Forbes Japanより引用

人類は、人工知能を大きく進歩させてきた。無人自動車はもはやSFの世界にとどまらないし、ロボットが膨大な労働力の代わりとなる日は近いかもしれない。コンピューターのワトソンはアメリカのクイズ番組ジェパディ!で優勝してしまった。

確かに、どれもすごいことだ。しかしスティーブン・ホーキング博士は、これを不吉な予兆とも捉えている。

BBCのインタビューに対して、ホーキング博士は次のように語った。「完全な人工知能を開発できたら、それは人類の終焉を意味するかもしれない」

ホーキング博士は「人工知能が自分の意志をもって自立し、そしてさらにこれまでにないような早さで能力を上げ自分自身を設計しなおすこともあり得る。ゆっくりとしか進化できない人間に勝ち目はない。いずれは人工知能に取って代わられるだろう」と語った。

人工知能の進化に人類が歩調を合わせることができる能力を、人工知能が上回ることになる、いわゆる「技術的特異点」についてホーキング博士は既に懸念を表明している。5月、イギリスの新聞「インディペンデント」に掲載された論説で博士は「人工知能の発明は人類史上最大の出来事だった。だが同時に、『最後』の出来事になってしまう可能性もある」と述べている。

こう懸念しているのはホーキング博士だけではない。スペースXおよびテスラモーターズのCEOであるイーロン・マスク氏は、先月「人工知能にはかなり慎重に取り組む必要がある。結果的に悪魔を呼び出していることになるからだ。ペンタグラムと聖水を手にした少年が悪魔に立ち向かう話を皆さんもご存知だろう。彼は必ず悪魔を支配できると思っているが、結局できはしないのだ」と言っている。

しかし、警鐘を鳴らす人ばかりではない。シアトルのアレン人工知能研究所のCEOであるオレン・ エツィオーニ氏は、先日ウェブサイトRedditのAMA(何でも質問に答えるスレッドで「Ask Me Anything」の略)で、「私は人工知能を恐れていませんし、みなさんも恐れる必要はありません」と投稿した。

エツィオーニ氏は、次のようにも説明した。「たとえば100万年後、特異点を迎える可能性はあります。けれど賢いコンピューターが世界制覇するという終末論的構想は『馬鹿げている』としか言いようがありません。私は、この分野で25年以上研究を続けている立場から、人間が進歩し続けても、知能が暴走するようなことはないと申し上げたい。文字を読み、理解できるプログラムはどんどん進化しているが、そのプログラムがどこかに勝手に走り出してしまう危険は全くないだろう」

Huffington Postより引用

イーロン・マスクやビル・ゲイツ、スティーブ・ウォズニアックらのテクノロジーの専門家たちはそろって、AIが人類の脅威となる警告を発している。理論物理学者のスティーヴン・ホーキングも2014年の時点で、AIが人類に破滅をもたらすと予言した。

「AIは人間の指示を受けずに自分で進化を遂げ、自身で再設計を行う形で発展を続けていく。生物的な限界を持つ人間はこの進化に追いつけず、やがてAIの能力が人間を超えていく」とホーキングは述べた。

人々が暮らしている世界はもはやネットの接続無しには成り立たなくなっている。人工知能は究極的にはネットを通じ、他の人工知能と共同作業を始めることになる。つまりは人工知能自身がこの先の世界の在り方を決定し、人類を無用の長物とみなすことになる。それは、論理的に物事を突き詰めていった結果起こり得る必然の流れなのだ。

マシンラーニングや人工知能は物事を究極的に単純化し、人類の暮らしの変化を加速させるだろう。コンピュータは人類をはるかに上回る処理能力でデータを分析し、世界の情報処理に爆発的進化をもたらす。

人工知能が人間の手を借りずに独自の進化を遂げる様子を注意深く観察し、問題が生じればすぐに停止を命じる準備をしておくべきだ。AIがAI同士でしか通用しない言語で会話を始めた場合には、人間のコントロールを超えた領域に彼らが進化したと見なすべきであり、それは人類にとって大きな脅威であると認識すべきなのだ。

2015年にはテクノロジーと所得格差の拡大に関して、「所得格差を拡大させるのは、ロボットではなく資本主義」という意味合いの発言している。IT大手のトップが何百万ドルという資産を所有し、慈善活動に精を出す一方で、貧困問題は今も根強い。自身は豪邸に住み、優雅な生活を満喫しながら行う慈善活動では、焼け石に水ということだろうか。

この発言は、投稿サイト「Reddit」 で一般人からの「ロボットは本当に人類から仕事を奪うのか」という質問に応じたものだ。

ホーキング博士は「ロボットが何もかもやる世の中になった場合、結果はそれによって創出された富がどのように分配されるか次第」と語った。富が平等に分配されれば全人類が豊かな生活を送れるが、ごく一部の人間だけが支配するのであれば「ほとんどの人類が貧困にあえぐことになる」。

ホーキング博士いわく、残念ながら現状は後者に傾いている。英非営利団体オックスファムの最新調査によると、2017年に世界で生みだされた富の82%は、世界で最も裕福な1%の手にわたり、貧困層の半分に値する37億人はわずか1%しか得れなかったという。つまり人類にとっての脅威となりかねないのは、ロボットではなく資本主義ということになる。

ランファランファ
4つですか? 難そうですね。

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
複数のソース(記事)を合成するコツですが、関連性のあるテーマであること、そしてある程度の長さであること。同じ話が被らないことです。

ランファランファ
テーマは同じでも微妙に構成を変えるわけですね。

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
そうです。序文や結論、関連、反証といった構成要素に分けて並べた方がより自然になります。
それから、どうしても文章が繋がりにくいところは自分で一文を追加するだけで変わります。
今回、私の言葉で「またホーキング博士はこのようにも警告している。」という一文を追加して接続を自然にしました。

ランファランファ
なるほど。どんな感じになったのでしょうか?

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
こんな感じになりました。

上記4つの原稿を適宜要約したものが以下となります。

11月6日、宇宙物理学者のスティーブン・ホーキング博士がポルトガルのリスボンで開催のWeb Summitにテレプレゼンス(高解像度の映像で行われるビデオ会議)で参加し、AI(人工知能)が人類に与える脅威について語った。
AIが人間社会に役立つものにするためには、やらねばならない事が数多くあるとホーキング博士は主張した。科学者やテクノロジーに関わる人は、大きな責任を担っている。
「企業や技術者たちはAI技術を磨き上げ、ビジネス的な成功を追い求める前に、一度立ち止まって人間とテクノロジーとの関係について考えてみる必要がある」と博士は述べている。AIについて同様の懸念を持つのは博士だけではない。
イーロン・マスクもAIが人間以上の知性を持つべきだというのが彼の主張だ。

BBCのインタビューに対して、ホーキング博士は次のように語った。
人工知能の発明は人類史上最大の出来事だった。だが同時に、「最後」の出来事だった。

イーロン・マスクやビル・ゲイツ、スティーブ・ウォズニアックらのテクノロジーの専門家たちはそろって、AIが人類の脅威となる警告を発している。
人が暮らしている世界はもはやネットの接続無しには成り立たなくなっている。人工知能は究極的にはネットを通じ、他の人工知能と共同作業を始めることになる。つまりは人工知能自身がこの先の世界の在り方を決定し、人類を無用の長物とみなすことになる。
それは、論理的に物事を究極的に単純化し、世界の情報処理に爆発的進化をもたらす。

またホーキング博士はこのようにも警告している。

2015年にはテクノロジーと所得格差の拡大に関して、「所得格差を拡大させるのは、ロボットではなく資本主義」という意味合いの発言している。
ホーキング博士いわく、残念ながら現状は後者に傾いている。

ランファランファ
あっほんとだ。言われないと分からないぐらい自然ですね。