08.同一テーマ・複数ソースで作るフリーコンテンツ

08.同一テーマ・複数ソースで作るフリーコンテンツ


阿修羅ワークス
阿修羅ワークス
同一テーマ・複数ソースでフリーコンテンツを作る場合、コツがあります。
どんなコツですか?
ランファ
ランファ
阿修羅ワークス
阿修羅ワークス
同じテーマといっても適当に合成すると文章の繋ぎ目がおかしくなる場合があります。
なので、繋ぎ目が不自然にならないように文章の構成を意識する必要があります。


どのように意識すればいいんですか?
ランファ
ランファ

阿修羅ワークス
阿修羅ワークス
基本的な文章の構成ってどうなっているか分かりますか?
分かりません。
ランファ
ランファ
阿修羅ワークス
阿修羅ワークス
基本的には、序文・本論・結論という3つのパートに分かれています。
あっ聞いたことが有ります。
裁判で冒頭陳述っていいますよね。
ランファ
ランファ


阿修羅ワークス
阿修羅ワークス
そうです。
要するに、前提 → 根拠 → 結果 という流れになっているんですね。
使用するソース(原稿)もこの序文・本論・結論というパーツで分けて繋げれば、極力不自然さがなくなります。

なるほど! 文章構成で分ければ繋ぎ目が目立たないんですね。
ランファ
ランファ
阿修羅ワークス
阿修羅ワークス
はい。
しかし、これだけではまだコンテンツに偏りが生じます。
たくさんのソースを見つけて文章構成を分散させられればいいんですが、そうも行かない場合は、やはりバラエティさに乏しくなってしまいます。
そこで、マルコフリライトサマライザーの他にあるプラグインを使用します。
それはなんでしょうか??
ランファ
ランファ
阿修羅ワークス
阿修羅ワークス
私の開発したオリジナルプラグインで「Getwin(ゲッツ・イン)」というツールです。
組み合わせると最強です。
これは何をするためのツールなんですか?
ランファ
ランファ
阿修羅ワークス
阿修羅ワークス
「Getwin(ゲッツ・イン)」はTwitterからツイートを取得して記事に表示するためのツールです。
例えば、あるキーワードで検索するとそのキーワードを含んだツイートが表示されます。
そうすると、どうなるんですか?
ランファ
ランファ
阿修羅ワークス
阿修羅ワークス
文章に挟むことで、あたかもその文章に対してコメントしているかのようなコンテンツを作ることができます。
おおっすごーーーい!!
相乗効果ハンパないですね!
ランファ
ランファ